まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

銃の豆知識~素晴らしきFN F2000

風立ちぬを見ました。素晴らしい作品でした。しかし映画のレビューを書くわけではなく、映画の中で機関銃があまり注目されていなかったので、今回からいくつかにわけて、銃について書きたいと思います。

##別に危ない人ではありません笑

f:id:keivard:20130726001012j:plain

さてタイトルのようにFN F2000というアサルトライフルです。

形が非常にかっこよいですが、多様な任務にも対応可能な機能性も備わったライフルです。

まず両利き対応、コンピューター制御の照準器。そして騒音問題は解決してます。

 

てかそもそもライフルについて、一般の方々は中々知識を得る機会がないと思うので、少し説明させて頂きます。

 

銃って何をもって素晴らしいとされるか?

それは「安価に手に入り、メンテナンスが不要で、汎用性が高い」この3つです。

米国みたいに「壊れれば、すぐ新しいものを買え」というのこそ、非常識で、

本来ならば兵力、予算が限られた中で、最高のパフォーマンスをする必要があります。

 

戦争というのは、個人レベルですと「人をいかに倒すか」ということにつきます。

拳銃は射程距離が短すぎます。狙撃銃は持ち運びが大変です。手榴弾は、殺傷範囲が広すぎます。これらを考えれば、アサルトライフルは程よいのです。

 

あと殺傷能力が高すぎるのも問題です。なぜなら、「適度に痛めつけて、他の兵士に手を貸させる」ことによって、相手の戦力を「再起不能に殺す」より削れるからです。

 

そもそもアサルトライフルというのは、有効射程が400m以内で、「適当に何発か撃って、相手の頭に当てる」というのが原則です。

 

ゴルゴ13 180 (SPコミックス)

ゴルゴ13 180 (SPコミックス)

 

 

おそらく一般の方でも名前ぐらいは聞いたことがあろう「AK-47」や「M16」。

M16ライフルは、ゴルゴ13の東郷が使うライフルですので、見たことあると思います。

M16はいわゆる「安い、命中率高い、軽い」が売りのライフルです。

ベトナム戦争から、イラク戦争アフガニスタン戦争で米軍はM16を大量に投入しています。

 

次回は、M16について少し書きます。

戦争のことをしりたいならば、こちらの本もおすすめです。

 

クラウゼヴィッツの戦略思考―『戦争論』に学ぶリーダーシップと決断の本質

クラウゼヴィッツの戦略思考―『戦争論』に学ぶリーダーシップと決断の本質