読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

スパルタな父から受けた影響

今週のお題「私のお父さん」

はてなブログのキャンペーンなので、ここで感謝と、僕の父を紹介したいと思います。

 

父は機械工学部の出身で、エンジニアとしてメーカーに入りました。

彼は、とりあえず厳しかったです。虐待とまでは勿論行きませんが、

 

中学校3年生まで、

テストの点が悪ければ、一緒に朝まで勉強。

問題が解けなければ、蹴られ、水をかけられました。

英語の辞書の例文を毎日10ページずつ暗唱。

できなければ、一つの文章を20回書いて、その夜のうちに提出。

アメリカの中学校の頃は、成績がCばかりで、全ての教科の教科書で殴られました。生物学は特に痛かったです。

さて、しかし、しばらくしてから、少しずつ勉強ができるようになりました。

生きるために(父のスパルタから逃れるため)にあらゆることを使って、成績を上げました。

そこから父はあまり口を出さずになりました。

 

こんな厳しい父ですが、父のスパルタ教育と、父の海外赴任(シリコンバレーへ)が今の自分の価値観の根を作ったと思います。

 

成功者と敗者が隣接する社会。

結果を出すのも自由、出さないのも自由なシリコンバレー

そんな中で愛とは?弱肉強食、されど最低弱者には優しく。

 

そんな父ですが、去年の秋から、自分の研究室と父の会社の共同研究が正式に始まり、僕が一緒に研究させて頂く方が父の知り合いで、何とも不思議な感じです。

 

僕が結果を出せば、父の会社にも貢献でき、父が頑張れば、僕の研究も上手く行く

 

こういう関係に20歳でなれたのは、素晴らしく嬉しいです。

これからも父に教えられたように、「結果にこだわって」行きたいと思います。

 

お父さん、ありがとう。

よく自分も「ぐれなかった」なーと、自分に感心してしまいます。

お母さんがその分、優しかったのですかね笑