まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

ひさかたの、雨をふりしけ、あまつつみ、薬理で今夜、明かして行かむ

本日は一日中雨で、どこにも出かけられませんでした。といっても、薬理学の中間試験が明日に控えているので、勉強がその分はかどります。

f:id:keivard:20130613162546j:plain

梅雨のこの季節になると、まっどさいえんちすとは、短歌や俳句を始めます。

大学1年の夏前に、NHKの短歌・俳句番組を見てから、少しずつ興味を持っていました。

また一般教養で、文学部の学生しか取らない、古文・漢文を受講していましたので、短歌がまあまあ好きです。

 

ひさかたの、雨をふりしけ、あまつつみ、薬理で今夜、明かして行かむ

 

まあ面白くも何ともない一句ですが、詠んでみました。

短歌とかっていうのは、定型句、つまり枕詞とか、掛詞、とか、「~行かむ」とか決まってるので、

どちらかというと、少しだけパズルに似てます。

 

ひさかたの、は雨の枕詞

あまつつみ、というのは、一日中雨のせいで、閉じこもってること。

 

今日の講義は4時間免疫学でつかれたよ