読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

香辛料とパエリア(1)

f:id:keivard:20130415220608j:plain

僕がスペインを訪れたときに、パエリアに感じたことは、その大胆さ。繊細な点なんて、何一つないその食べ物が僕は大好きです。

 

しかしパエリアにもいくつかの香辛料が入っています。サフランだったり、パプリカだったり、まあこの類いの香辛料は「色づけ」がメインなので、あまり味には直結しません。しかし僕は日本に帰ってきて、色々な香辛料をパエリアに入れてみました。

 

まずマジョラム。薬用ハーブの一つなんですが、香り漬け、臭みを消すのによく使われるそうです。自宅で使う時は、うちの場合はトマトチーズとかに書けたりしますかね。

覚えるコツは「魔女の睡眠薬」(説明は後ほど)

 

さてこれをパエリアに入れようとするわけです。

「え、粉を入れたぐらいで何か変わるの?」と思われるかもしれませんが、まあ正直に言うと、「少し変わった気もするような、気もしないような」

というぐらいです。

 

「じゃあなんで入れるの?」と思った人は鋭い。

マジョラムは薬用ハーブと言いました。薬用とは、マジョラムには不眠の解消、ストレスの軽減、疲労が溜まっている方にはお薦めなんです。筋肉痛にも良いらしいです。

マジョラムは眠くなることでも有名です。

 

さてこの回で僕が言いたいのは、パエリアを漢方のようにしてしまおうということです。つまりパエリアの大胆さを失わずに、更に薬用効果も付与する。まさに一石二鳥。

 

僕も毎日パエリアを作ってる訳ではないですが、毎回パエリアを作る度に新しい香辛料を入れてみてたいと思います。

 

パエリア理論とその開発。男一生物の仕事です。