読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

震災から2年経過

 

f:id:keivard:20130212125401j:plain

お久しぶりです。本日で震災から2年が立ちました。本当に早いものです。

こういう時に真剣に「自分は何ができたか?」と問うてしまいます。

 

1:東北プロジェクトに参加し、震災の声をアメリカに伝えた2011年~2012年。

2:そして自分のスキルを活かせると思い参加した「東日本大震災ビッグデータワークショップ」の2012年度秋。

 

何ができたかと言えば、何もできなかったのです。結果ゼロです。

サッカー選手や歌手は本当にすごいです。短期間で、あんなにも人を元気づけて。

学者さんも、各々の専門分野を活かして、分析なされてて、枠を超えた範囲で知恵を絞り、しっかりとしたアウトプットを出して、素晴らしいなと。

 

ブログらしく、僕の話をここでさせて頂くと、

自分に足りないものがはっきりとわかりました。

それは「完璧な形にする」ということだと思います。

いつも僕は、何かプロジェクトをやって、7割のところで辞めて、次へ行ってしまいます。

 

震災ビッグデータに参加した際も、疫学的観点から、感染症の拡大モデルを考えました。アウトプットとして、被災者以外が、どのくらい感染症を運んでいるか。これを数字で出す作業をしてました。解剖期なんて言い訳になってしまいますが、提出期限を忘れてしまい、結果的に最終報告はできずに、今もPCにメモという形で残ってます。(ツイッターさん、googleさんどうもありがとう)

 

だからこそ今年の目標は「形にすること」

「学生だから、そこまで追い求めなくても良いのでは?好きな分野を数ヶ月単位で勉強して、ポンポン分野を移動した方が楽しいよ?学生なんだからさ!」

と先生達に言われるのですが、やっぱり僕は単純で

「サッカー選手の内田や本田は、僕と同じ年で日本A代表で、結果を出して、生きている」という事実がなんとも悔しいのです。

 

僕だって、一応トップクラスの大学で学んでいるので、結果をださなきゃ意味が無い世界に既に足を踏み入れてると思ってます。

「まわりの学生が部活動でどうこう」とか関係なく、僕としての最低限やらなくてはいけないことは「結果を出すこと」

やっぱりゴールはここではないし、周りに合わせてるいけない。

 

それをやった上で、日本、大切な人に自分の力が使えればと思います。

2年前は大学入学直前。あの頃の自分と今の自分を比べると、とんでもない量で成長してると自信を持ってます。このスピードで行けば、2年後は、どこの大学にいるかもわかりませんね笑

 

乱文失礼しました。久しぶりに自分なりに熱いポストでしたw

 

被災された全ての方々、忘れません、僕なりに再び、今から頑張ります。