まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

ENCODEプロジェクト(1)

そういえば今年、ENCODEメインプロジェクトの論文を結構読んだので、メモみたいな感じで読んだ物を振り返りたいと思います。

 

そもそもENCODEプロジェクトはwikiなどで見てもらえばわかりますが、ヒトのゲノムを網羅的に解析しようぜ、という所から始まりました。なので対象は多岐に渡り、RNA転写、タンパク質修飾、DNAメチル化、もちろんアノテーション関係もそうでしてプロモーター、エンハンサーなども対象です。期間は2007~2012で世界中で30程の機関が研究を行い、今年の9月初旬に結果を論文で出版しました。

 

まず驚いてほしいことは3点くらいで、

  • ヒトゲノムの80%はエピジェネ修飾、RNA転写、転写因子の結合に関わってる。

  そして99%は上3つのイベントから1.7kb範囲内にあるということです。

 

  • ゲノムを7種類のクロマチン状態に分類できる

 

  • 非コード領域の疾患関連のSNPのかなりの数が機能領域にある。

 

だから何だって?笑それは次のエントリーで説明しますが、

一回目のエントリーとしてのまとめは、

まだわからないことが多く、細胞株増やして、実験に再現性も持たせれば、データはもっとたくさん出せるということですね。

 

皆さん、良いお年をお過ごし下さい。

今年は迷惑をたくさんかけて、すみませんでした。