まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

芸術

狩野永徳からみる戦国時代の芸術か(1)

何回かにわけて狩野永徳を紹介して行きたいと思います。まあそんなブログは腐る程ありそうなので、僕が好きな所だけピックアップさせて頂きたく思います。 永徳は、戦国の世を絵で制したと言えるでしょう。 室町時代、戦国時代で絵師として成功するのは、自…

北斎の最後

北斎の富嶽三十六景のイメージを知りたいなら 富嶽三十六景の金谷の浮世絵で 北斎と広重を比較してみるとわかる。 北斎は100人以上描いている。結構イマジネーションのまま。大井川をわたるのが大変だということが結構わかる。 広重は、人物が小さい。色はた…

春が来る、そう春画から歌麿さんへ

留年がかかっている試験が明後日です。しかし欲が。。。 春画がふと目に入ったので、ちょっと春っぽいと書きます。 今日は喜多川歌麿さん。 そもそも春画って1P目は、もろにエッチなページじゃないんらしいんですね。 その時代の検閲が1P目だけ見ているので…

いま奈良・纒向遺跡がマジで、マジで熱いよ。

もう一つ紹介させて頂きたい件が一つ。一昨日出された纒向遺跡についての論文が大変におもしろいんです。 ご存知のように、邪馬台国の卑弥呼は、九州にいたのか、それとも奈良にいたのか、意見は真っ二つに割れていて、真実は未だに分かりません。ただ今回の…

平安時代の暗号~かきつばた

GWいかがお過ごしですか。僕は積んである漫画や本を消化しています。今日、「暗号解読」というサイモン・シンの本を読んでいたのですが、暗号というのも歴史が古く、何千年も前から、国王や将軍は国を統べるために暗号を使い、様々なものを考案しました。歴…

差別と偏見~

おはようございます。2月も既に折り返し地点。私も21歳になるまであと3ヶ月となり、当初の目標であった「20歳で論文執筆」に精力を注いでます。 グアムの無差別殺傷事件。本当に胸が痛みます。人間社会が不完全であることを嘆きながら、完璧な社会など、いく…

フラメンコです(1)

こんにちは。今週は節分で騒がれてるようですが、今回のエントリーはフラメンコについて、少し歴史と僕が何で愛して止まないかを淡々と書いてみたいと思います。 まずフラメンコって「あのギターと足をバタバタさせて踊るスペインのあれでしょ?」 ええそう…