まっどさいえんちすと

日本語が苦手なのでブログで練習します。パエリアが大好き

医師を目指した6年間で感じたこと

 「良い医者になること」と「患者さんを救うこと」は同じでしょうか?本来は同じべきです。良い医者になると、多くの患者を素晴らしく救うことができます。しかし、現代の医療、医学部にそのような雰囲気は感じません。医者の多くは「良い生活を送るため、自分が偉くなるための材料が医療」としか考えていないでしょう。「患者さんを救いたい」という気持ちを忘れている日本中の医学生は、結果として6年間だいたい同じような生活を送るでしょう。6年生になると、初期研修病院を決める時に多くの医学生は「手技ができる」「給与が良い」「雰囲気が良い、先輩がいる」。このような志望理由に、「患者さんを助けたい」という気持ちはあるでしょうか。この6年間、医学部の活動(部活動、定期試験、国家試験、研究、マッチングシステム)の中で、どれだけ「患者さんのためになるか」という視点で努力をしているでしょうか。さらに医者になってからも、「専門医をとる」や「大学で博士をとる」。これらは本当に「患者のためになっているのか?」ということです。

 このような自己中心的な活動が盛んになるのは、日本の医学部が大学受験の延長戦上だからです。最難関の医学部に合格するような人間は、他人に勝ちたい、自分が目立ちたいというような精神が強いのは当たり前です。しかし医師になるには、どこかで「患者さんを救いたい」という気持ちを強く持たなければなりません。とはいっても、そんなことは理想論なわけです。「患者さんの気持ちを考えています。そのために博士課程にいって研究をします」などは誰でも言えるわけです。逆に「自分のキャリアのためにならない、一見すると全く勉強にならないが、患者さんが困っているので3年間、地方の小児科にいきます」など言う人はいない。このようなけしからん状況を打破するには、「医者になる人は、たくさん勉強した努力家」という概念を根本的に破壊しなければなりません。「良い医者になる」ではなく「たかが医者だが、患者さんのために何ができるだろうか」と24時間考えてくれる人を医学部は育てるべきです。

 そのためには知識偏重型の医学部のシステムを大きく変える必要があります。暗記と類推は全てコンピューターができます。できていないのは思いやりです。僕は医師国家試験のあり方に問題があると感じます。なので新しい医師国家試験の形を提案します。それは医学部生1人と医師1人が6年間、密接にコミュケーションをとります。そして6年間の結果として、医師がその医学生を医者にして良いか(医師免許を与えて良いか)、判断をします。このようなスタイルは、中世では多く取られています。地域の医師コミュニティが資格を与えるのです。それは筆記試験の場合もあれば、家柄や普段の生活なども含まれます。

 中世ヨーロッパの医師の間では、オノラリアという習慣がありました。医師は、治療のために患者のもとを訪れる際、背中に口の開いた袋を背負ってやってきます。医師が治療を終えて家を出る際、患者やその家族は、医師の背にあるその袋の中へいくばくかのお金を入れるだけです。金額は、払う側の意思のまま、こころざしのままであり、いくら入れるかは問題ではないのです。これは、お金を入れる行為が単なる「サービスに対する対価」ではなく、「医師という仕事に対する名誉を尊重し、敬意と尊敬を表明する行為」であると考えられたからです。

津久井やまゆり園の事件を受けて

我々医療従事者には非常に考えさせられる事件だと思い、ブログで少しだけ書きたい。

 

容疑者は「障害者は生きていても仕方がない。安楽死させて方が良い。不幸な人生なのだから殺した方が良い」という意見でした。

 

今回注目したい点は

社会的弱者に対する制度、いやそもそも、社会的弱者に対して人間として向き合う時に、我々はどういう立ち振る舞いをすべきか?

 

今後、高齢化社会をを迎える上で、我々は社会的弱者である高齢者と毎日向き合うでしょう。そういう時に

「この患者は性格が悪いので、治療とか本当はしたくない」

生活保護の患者が何を偉そうに」、

「ヘビースモカーの肺がんほど自業自得なもんはない。クズだわ」

「アル中の肝臓ガンの治療か、しゃあないやつだな。手術は楽しいからするけど」と思う人が実は多い。

これって今回の事件と類似してませんか?

 

多くの医学生は自分の努力で最難関医学部に合格したので「自己責任」「自主努力」という言葉が好きでしょう。

働かない生活保護は努力できていない。タバコを吸うのも自業自得。性格が悪いから、しょうもないやつ。

 

そんな地獄のような社会で良いのか?一歩道が違っていたら、自分たちだってそのような環境に陥るかもしれない。そしたら人生終了なのか?

 

社会的弱者も日本人であり、優秀な医師も日本人である。みな同じこの国に住む共同体で人権、尊厳がある。迫害しても良い人などこの共同体にいない。我々が医師になったら、こういう事件が起きた時、どう患者さんに振る舞えるか。

 

統計的因果推論~反事実推定

まず相関と因果関係が大きく異なることを意識しましょう。

結構みじかなものです。「この仕事を今日仕上げたら、明日はどういう一日なるか?」

これも完全な統計的因果推論です。

逆に反事実の推論とは、御察しの通り

「この仕事、今日やらなかった、けどもしやっていたら、明日はどうなっていたのだろう?」

という自分がやったことと反対のことが起きた時に、どういう因果が推論できるか。ということです。

 

機械学習やっていると、「因果と相関」をこんなに軽視しても良いもんかと思います。

例えば「お菓子の食べる量から糖尿病の発症を予測する」モデルを作ると、

無茶苦茶に言えば、糖尿病だからお菓子を食べたくなるのではないか?とも思えるわけです。

 

だからといってデータだけ、特に観察研究から因果関係については確立できない。と諦めてしまいがちですが、諦めずに研究したいですね。

 

統計的因果推論でKeyとなる概念をいくつか紹介します。

まず回帰分析の誤解

「AのときにBである」と「AすればBになる」これは違う二つです。

回帰分析は前者ですが、後者は回帰分析ではないです。

 

観察研究とは欠損値の扱い問題である[英語でImputation]

結局我々が因果を推論するときには、ランダム化比較試験しかないが、それは結局欠損しているかもしれない変数を打ち込んでいるだけです。

 

さてこの程度の知識を入れておけば、下の論文は読めるでしょう。

 

去年Deep Learningを使って因果推論を扱う論文が初めてでました。

[1511.05121] Deep Kalman Filters

これは簡単に言えばVAEを使って反事実推定を行ってます。

「この患者にA薬を投与したが、B薬を投与したらどうだろうか?。しかしすでにA薬を投与してしまってるので、B薬を投与した結果は永遠にわからない」

こんな感じです。

 

 

 

 

ゲージ理論を最も簡単に説明する

昨日質問をもらったので、端的に説明します。

 

平面図形をある座標系に置いてみます。

その後座標系をいろいろと動かしてみます。

(例えば、X,Y,ZなどをY,Z,Xという順番にしてみる)

それでも平面図形の面積は変わらないですよね

f:id:keivard:20160510210937p:plain

 

このように座標系を変換しても変わらない性質(この場合なら面積とか)を扱う観測量を扱うことをゲージ理論と言います。

 

ゲージは、Gaugeといって測定するという意味です。

現代物理学の基礎理論は全てゲージ理論の文脈で理解することができます。

 

ゲージ対称性という言葉も、観測によって普遍な性質を持つもの。と考えれば良いです。

 

僕の愛読書はこちらです。

 

 

接続の微分幾何とゲージ理論

接続の微分幾何とゲージ理論

 

 

 

数学の世界に誘う殺し文句とは

こんばんわ。僕はアマチュア数学者ですが、、それでも数学を多くの人に知ってもらいたいと思っています。さて、そういうときに、どのように人に数学に興味を持ってもらうのが良いでしょうか?

 

ちなみに「データ解析に役立つ」とか「統計がわかると流行で就職がしやすい」とかは、全く面白くないので、言いません笑。というかそういう勧め方をするから、数学嫌いが増えると思います笑。

一般的にパズルや素数の不思議で数学の世界に誘ったりするのが、良いと僕も思いますし、そのような本は沢山あります。

 

やはり興奮と直感というのは退屈を忘れさせてくれます。

しかし今日は特別の視点から。

数学と人生の関係をテーマに話をすると面白いかもしれません。

 

ではまず一つ目。「クロネッカーの青春の夢」という問題があります。

「え?青春って何??www」みたいになりますよね

数学者はガチガチのヲタクという訳ではなく、人間深いところがあるんですよね

 

他にも、谷山豊という素敵な数学者がいます。

彼は革新的な業績をあげようとしていた最中に、自殺しました。

「え?なんでそんなことを?」と思いますよね。理由は諸説あるのですが、僕はどれが本当かいまいちわかりません。

しかしもっと素敵なエピソードとして、彼の同僚の志村五郎は「彼の大変な時期に

支えられなかった我々周りの人間は、悔しい」と述べており、志村は谷山の仕事を引き継いで本当にその後、革新的な仕事を再びします。

谷山さんについてこの本が良いでしょう。

 

曲線の秘密 自然に潜む数学の真理 (ブルーバックス)

曲線の秘密 自然に潜む数学の真理 (ブルーバックス)

 

 

 

 

数学というのは、それこそ自然界を記述する道具でしかありませんし、周りから見れば気狂な研究者と思われるかもしれません。しかし本当の数学者は、疑問や謎、好奇心に本当に素直で面白い人が多い。

 

物理と数学、どっちに進もうか?

こんにちは。高校時代や大学の最初ぐらいまでは、物理と数学の両方を勉強できる時間がありますが、やはり専門を決めるときに、「どちらに近いスタンスを取るか?」という点で悩むことがあると思います。

 

その方のために物理と数学の違い。というのをアティヤの数学論を引用してまとめたいと思います。

 

さてマイケル・アティヤという哲学者、思想家が「20世紀の幾何学と物理学」という論文を2005年に発表した。

「この世界が数学で記述できるのは、この世界が数学を土台にして作られているからなのか?」

「それならば、人間の心も数学で記述できるのではないか?」

という疑問を投げかけるわけです。そこでアティヤは「物理、数学、心理」という三角形を考えていきます。

 

では具体的に考えていきましょう。アティヤは

「幾何:代数:解析 = 空間:時間:連続体」

という対応があると言っています。不思議に思うのは、「代数はなぜ時間と対応するか?」。これに対してアティヤの答えは「代数には、いくつかの演算が含まれており、それらは必ず順次実行されているので、代数は時間経過が存在することで初めて意味をなす」という説明です。

アティヤは他にも「光の速度は無限大であるために、幾何学は静的な宇宙の内部についての研究でもある」と言っているわけです。

 

もっと分かりやすい違いもアティヤは指摘している。

物理と数学は発展する方向が違うと。数学は虚数単位、高次元、無限大などを空想する方向に進むが、物理は現実的な方向に進む。しかし複素数の世界に入ると、実数の世界がよく見えるし、高次元を考えることで、3次元の特質がよく見えるようになる。連続について知ることは離散について理解を深めることにもなる。

 

アティヤは最後、このようにまとめる

数学者が物理の世界を超えて想像を広げて、物理学者に恩恵を与える一方で、物理学者たちは、未知のものに思いをめぐらせて、数学的には意味のない概念を導入する。ファインマン積分などその最たる例。

 

数学の方が物理よりも先に物理学にとって有用なアイデアを提供した例は多い。多様体、リーグン、高次元空間、ファイバー速、非可換環、徒歩のみー。

一方で、物理の方が数学よりも先だった例としては、ローレンツの表現、マクスウェル理論がホッジ理論を開拓した、ディラック作用素

 

このような形で終わっているが、僕が思うに、

数学に進みたいと思う瞬間は、概念の再構築を行う瞬間だと思う。「長さとはなんだろうか」。こういうことを考えたい人は、数学の方が楽しい。

一方で物理に進みたいと思う瞬間は、「こんな概念があれば、もっと世界がよく見える」「よくわからない数式が出てきたが、これは現実世界ではなんだろう」

そういうことを考える人は、物理がいい。

 

さて医学の宣伝だ。

「10人以上とコミュニケーションをとりながら、円滑に物事が動いた。その結果困っている人を助けてあげられて、よかった。本当によかった。」

と思う人は医学部に来よう。

医学部に来たら「わからない」という状態は全く発生しない。「覚えなきゃいけない」という状況しか待っていない。しかしそれを「人のために」とでき、かつ「記憶力が良いから、別に苦ではない」という人はぜひ来て欲しいかもしれない。

リーマン!

現代思想で今月号が大数学者「リーマン」特集でしたので、読みました。

 

一番楽しかった所は、僕らが数学を勉強する時、ある定理Aとある定理Bがあるとき、これらの関係性を考えますが、「何年先にBが発見されて、それはAを発見した数学者の弟子であった」と言われると、「へぇー」ってなりますよね笑

 

数学史がメインですが、リーマンの思想や哲学も細かに書いてあって非常に面白かったです。例えば、よく知られていることですが、リーマン予想は、リーマン自身、別の計算途中に見つけた予想であって、これを前提に話を進めると、次に進むからという理由で、あまり重要視しておらず、当時も「すぐ照明できるだろう」ということで、飛ばしていたそうです。しかし未だに解けていない難問なわけです。